みのり鍼灸整骨院/東京都世田谷区宮坂3-7-3/経堂駅/骨盤矯正/腰痛/膝痛/オリジナルインソール作製/診療案内






 


私どもFFL足部機能研究所は身体の土台である足の機能に着目し
17年が経ちました。
土台部分である足の機能を修復することで、身体の歪みが整えられ
①痛み ②体調不良 ③機能障害を改善させることに結果を得られました。
①関節のマニュピレーション
関節の滑りと転がりを安定させる手技

②筋肉のトリートメント
収縮力の低下、筋委縮、筋肥厚をマッサージして疲労物質の排除、
血流供給をおこなう手技

③運動指導
筋肉がフルに使えるフォーム指導、関節の使い方指導

④足底板
靴の中敷きに凹凸をつけ筋肉の伸張反射を利用し身体バランスを改善する。

以上が足の機能を改善するプログラムです。
 ヒトの場合、左右の足の裏が地面に接して生活しております。
その地面に接する唯一の部分が足であるからです。
すなわち足は建物でいえば土台となり、その上にある柱(背骨)の基礎となる
重要な部分になるのです。
足には実に全身の骨(約206個)の1/4の骨(約58個)が密集しています。
骨の数が多いということは骨と骨の接点である関節の数が多いということ。
この多くの関節が地面の凹凸や傾斜に臨機応変に足の形を変化させるように
出来ています。
関節は時には固定し安定した姿勢をとったり、時には不安定にし
活動的な姿勢にします。
その使い方の誤りが原因で身体の変調をきたすことが非常に
多いのが現状です。
  「筋肉の強化」「筋トレ」と一応にして言われますが、もっとも大切なのは
関節の動きです。
関節の動きが正常であれば、みなさんが持っている筋力を十分に
引き出すことができます。
トレーニングをやめれば、すぐに筋力が落ちる・・・そんな筋肉は
必要ありません。
本当に必要なのは、日常生活での動作を改善し、より多くの関節と筋肉を
自然と使えるように習慣化することで鍛えられた筋肉の方が
価値があると言えます。

ホーム診療案内交通事故スタッフ紹介施術室アクセス足の機能って何?
運動療法疲労度チェック足のお勉強何でも相談足底板工房リンク集