みのり鍼灸整骨院/東京都世田谷区宮坂3-7-3/経堂駅/骨盤矯正/交通事故治療/腰痛/膝痛/インソール作製







  facebookみのり
  近況をチェックしよう!
立つときも、歩くときも背骨の上に頭がまっすぐに乗っている状態を
維持するのが、もっとも疲れにくい姿勢です。

しかし、いくら良い姿勢でも、長時間続けると必ずどこかが疲れてきます。
使われる筋肉や関節と、使われない筋肉や関節とが、はっきり
分かれてしますからです。
仕事や運動で、いつも同じ姿勢や動作を続けなくてはならない人は、
プライベートな時間に、いつもと違う姿勢や逆の動作をして、からだの
バランスをとりたいものです。
使いっぱなしの筋肉を休ませ、使わない筋肉を動かしてやればいいのです。

たとえば、座り仕事に従事する人なら、時々、歩く時間をつくる、
普段からよく歩く人なら、ときには後ろ向きに歩いてみるのも
いいかもしれません。
体操をするときは、酸素をたくさん吸って、効率よくエネルギーを
燃やすと、いっそう運動効果が上がります。
そのためには、呼吸のタイミングと深くゆっくり呼吸をすることが大切です。
 
体操をするときの基本の呼吸法は「動作中に息を吐いて、動作終了時に
吸う」です。
こうするとたくさんの空気が肺に入って、体の隅々にまで酸素がゆきわたり、
エネルギー消費の効率が良くなって、余分な脂肪が燃えやすくなります。
 
 
 
 

ホーム診療案内交通事故スタッフ紹介施術室アクセス足の機能って何?
運動療法疲労度チェック足のお勉強何でも相談足底板工房リンク集