みのり鍼灸整骨院/東京都世田谷区宮坂3-7-3/経堂駅/骨盤矯正/交通事故治療/腰痛/膝痛/インソール作製







  facebookみのり
  近況をチェックしよう!
柔軟な足と強固な足

の重心が足の裏でやや内側(親指側)にある状態が「柔軟な足」3本の
足のアーチを効率よく使用することが可能で、地面と足の間に発生した
衝撃を吸収する役割があります。

逆に重心がやや外側(小指側)にある状態を「強固な足」で3本の足の
アーチを引き上げ、足の剛性を高めることにより、力強く地面を
蹴り出すことが出来ます。
通常人は、この「柔軟な足」と、「強固な足」を上手に変化させ、効率的な
歩行運動を可能にしているのです。
また、歩行していない状態(両足でまっすぐ立っている状態)では、
柔らかい足と硬い足の中間を保てる事が重要です。
これを中間位といいます。

もし、あなたの足が直立姿勢で中間位が保てなく、親指方向に重心が
傾いていれば、「柔らかすぎる足」①となり歩行中蹴り出す力が
不足しがちになります。小指方向に重心が傾いていれば「硬すぎる足」
②と判断でき、歩行中地面との間に発生する衝撃を吸収することが
出来づらくなります。
図-2
両足直立時での足の形と足型
軟らかすぎる足    硬すぎる足
個人によりその現れ方は様々です、両方の足が内側加重または外側加重、
左右で内側加重または外側加重である場合もあります。
更に足の前方と後方でも内外の重心差がある場合もあり、判定には細心の
注意が必要です。

どちらにしても、両足で直立している状態でこれらの現象が現れることは、
より足の機能を要求される歩行時に何らかの不具合が発生することを
示唆するものです。
 
目次に戻る FFL足の機能改善プログラム
上村太一

ホーム診療案内交通事故スタッフ紹介施術室アクセス足の機能って何?
運動療法疲労度チェック足のお勉強何でも相談足底板工房リンク集