03-6751-3937

[診療時間]午前9:00 - 12:00 / 午後15:00 - 20:00
[休診日]木・日曜日木・日曜日以外の祝日は診療

各種健康保険・自賠責保険取扱
労災・生保指定院

小田急線「経堂」駅徒歩3分

お知らせ

むくみ解消

先日梅雨入りが発表されましたね

じめじめとした日が続きます。。。

そんな中「足のむくみがとれない」という方も多いのではないでしょうか。

梅雨は雨が降り、気温も低くくなりがち。

そうすると体のなかでは”水滞”が起きやすくなります。

“水滞”とは?

東洋医学の言葉で

水分代謝が落ち、水分が体の中に停滞しているという意味です。

また、東洋医学では"腎"は水を主ると言われます。

ここでいう腎は、皆さんが知っている腎臓と似たようなものと考えていただいても構いません。

腎は尿を作り、体に溜まった水分を体外に排出します。

腎の働きが弱くなってしますと、水分がうまく排出できなくなり

むくみの原因となってしまいます。

そのため今回は、腎の働きを高め、むくみ解消につなげるツボをご紹介したいと思います。


 

①太渓(たいけい)→内くるぶしとアキレス腱の間にあります。

 

②太衝(たいしょう)→足の親指と人差し指の間を指で沿っていってとまるところ。押すとズーンと響くような感じがあります。

③気海(きかい)→おへそから親指一本分と少し下がったところにあります。

④関元(かんげん)→おへそから親指五本分下がったところにあります。

 

上記のツボをやさしく押したり、カイロで温めてあげるのが効果的です。

また、"腎"は冷えに弱い臓器ですので、しっかりとお風呂等で体全体を温めてあげます。

 

梅雨明けまでの1ヶ月、自分の体とうまく付き合っていきましょう!!

 

お顔のストレッチ~ほうれい線編~

今回はお顔のストレッチ、ほうれい線に特化したストレッチをご紹介いたします。

ほうれい線とは

  • 口を閉じる筋肉(口輪筋)と
  • 口を開く筋肉(上唇挙筋、大小頬骨筋など)

の使用頻度の差で皮ふにたるみが生じてしまいます。

よく使う筋肉は拘縮し、使わない筋肉は弱化します。

こちらの図では、

  • 赤が口輪筋
  • 青が上唇挙筋
  • 緑が大小頬骨筋

を表します。

矢印はその筋肉がはたらく方向です。

ほうれい線の場合は口輪筋が拘縮し、上唇挙筋、大小頬骨筋が弱化しやすいです。

普段口角を上げて笑うのが苦手な人は要注意。うまく口を開く筋肉が使えていないかもしれません。

 

今回のストレッチでは、拘縮している筋肉を伸ばし、弱化している筋肉を使ってあげるようにします。

まずは口を閉じたまま左右どちらか一方の口角だけをしっかりと上げます。

このときに鏡を見てしっかりと口角が上がっていることを確認してください。※「い」の口はNG

次に人差し指で小鼻の脇くらいをグイっと持ち上げます。

このまま5秒キープ。

反対側も同じようにおこないます。

ほうれい線が気になる人におすすめのストレッチです。


ゴールデンウイークも後半。

しわの原因はもちろん乾燥もございますので、

お出かけの際にはしっかりと日焼け止めを塗って紫外線対策をしてください。

またお顔のストレッチをご紹介していきたいと思います。

 

依田美智瑠

ゴールデンウイークのお知らせ

当院はゴールデンウイークも通常診療致します

※祝日関係なく木・日曜日休み


今年は10連休という長いお休みになりますね。

日頃お仕事でお身体のケアができていないという方、

今がチャンスです!!

是非当院にてお身体のケアをしてみてはいかがでしょうか?

スタッフ一同、ご来院お待ちしております。

次のページ