03-6751-3937

[診療時間]午前9:00 - 12:00 / 午後15:00 - 20:00
[休診日]木・日曜日木・日曜日以外の祝日は診療

各種健康保険・自賠責保険取扱
労災・生保指定院

小田急線「経堂」駅徒歩3分

お知らせ

年末年始のお知らせ

今年も残りわずかとなってきました。

当院は年末年始、

12月29日(日)~1月3日(金)までお休みとさせていただきます。

1月4日(土)から通常診療です。

休み期間中、ケガや体調を崩されないよう、ご自愛ください。

それでは、来年もよろしくお願いいたします。

 

みのり鍼灸整骨院 スタッフ一同

冬場に多発!ヒートショックについて

ここ最近テレビで“ヒートショック”という言葉が多く聞かれるようになってきました。

厚生労働省の統計によるとお風呂場での事故の件数は交通事故の4倍にもなるそうです。

この時期は脱衣所、浴室などの温度差が激しくなっているので気を付けたいですね。

ここで、ヒートショック現象について、今一度確認しておきましょう。

~ヒートショックとは~

気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起きることをヒートショックといいます。この血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞などの病気が起こりやすくなってしまうのです。

ヒートショックは、暖房の効いた暖かいリビングから脱衣所に移動し、そして浴槽に入るときに起こります。

↓↓↓

①暖かいリビングでは血圧は安定状態にあります。

脱衣所に移動し衣服を脱ぐと寒いため血圧は急上昇します。

③その後、湯船に入り、急に体が温まると体は一気にリラックスモードに。血圧は下降します。

この血圧の乱高下により、ヒートショックが起きやすくなってしまうのです。

 

~ヒートショックの予防方法~

脱衣所と浴室を温める

湯船を熱くしない

入浴水分補給する

浴槽から急に立ち上がらない

疲れが激しいときの入浴は控える

これらは全て、血圧の急上昇、急下降を防ぐためです。

浴室に暖房設備がないご自宅もあると思いますが、その場合はシャワーによる給湯がおすすめです。

シャワーで給湯することにより、浴室の温度が10℃以上上昇するそうです。

また、入浴というのは疲労回復に効果的ですが、同時につかれるという行為でもあります。

入浴直後の体は疲労状態にありますが、その後しっかり睡眠をとると翌日疲れが取れやすくなります。

つまり、入浴をするにも体力が必要なのです。

そのため、疲れが激しいときの入浴は控えましょう。


冬は体がかたまりやすい時期です。

緊張をとり、体を動かしやすくするためにも当院で定期的なメンテナンスをおすすめいたします。

そしてくれぐれもヒートショックにはお気を付けください。

できることから予防していきましょう。

 

依田美智瑠

 

 

!おすすめ!カイロを貼る場所

こんにちは。

11月に入り、より一層冬らしくなってきましたね。

朝は暖房をつけたり、通勤通学時に手袋をする方も増えてきたのではないでしょうか?

そんな中、今回紹介するのは

″カイロを貼る場所″です!

カイロってどこに貼っても同じじゃない?と思われてる方もいらっしゃるかもしれませんが

貼る位置によってその効果が結構変わっていきます。

今回は、東洋医学のツボの効果も含めて、カイロを貼る位置を紹介していきます。

 

【お腹】

体の中で冷えを1番防ぎたいのは内臓!

内臓が冷えてしまうと免疫力も低下してしまいます。

体全体を効率良く温めるには、お腹にカイロを貼るのがおすすめです。

貼る位置としては下腹部。おへそから指4本分下がったところに

“関元”(かんげん)というツボがあります。

ここを温めることで体全体が温まりやすくなり、免疫力向上にもつながります。

また、関元は女性器と深い関わりがあるツボなので、生理痛が辛い方にもおすすめの場所です。

【腰】

腰は体の中でも冷えて硬まりやすい場所です。冷えからくる腰痛も多く見受けられます。

慢性腰痛がある方は、腰に貼るのがおすすめです。

※急性腰痛(ぎっくり腰)の方はご自身の判断で温めないでください

温めると良いとされるツボは“腎愈”(じんゆ)

ウエストラインに手を置き、ちょうど親指がくる位置にあります。

腎愈を温めることで、特に下半身の血行不良改善が期待できます。

【首】

首の後ろには風邪予防に効果的なツボ “大椎”(だいつい)があります。

下を向いたときに首の後ろで1番出っ張る骨、その骨の1つ下が大椎というツボです。

この大椎を中心とした首にカイロを貼ることで風邪予防に繋がります。

風邪のひき始め、風邪を予防したい方におすすめの場所です。

*高熱がある場合、またはのぼせやすい方は貼らないで下さい。

【カイロを貼る際の注意点】

・低温やけどの恐れがある為、就寝時には絶対に使用しないでください。

・糖尿病や体に麻痺があり皮膚感覚が低下している方は使用しないでください。


今回はカイロのおすすめの貼り方をご紹介しました。

私自身は冬になると腰とお腹を挟むようにカイロを2枚貼ります。

そうすると身体がとても温かくなり寒さ知らずです。

さて、温めといえば当院では

お灸による治療もおこなっております。

安全な温灸はもちろん、目の温めに特化した

くるみ灸もあります。

ご興味のある方は是非当院へご来院ください。

 

依田美智瑠

 

次のページ