03-6751-3937

[診療時間]午前9:00 - 13:00 / 午後15:00 - 19:00
[休診日]木・日曜日木・日曜日以外の祝日は診療

各種健康保険・自賠責保険取扱
労災・生保指定院

小田急線「経堂」駅徒歩3分

お知らせ

冬場に多発!ヒートショックについて

ここ最近テレビで“ヒートショック”という言葉が多く聞かれるようになってきました。

厚生労働省の統計によるとお風呂場での事故の件数は交通事故の4倍にもなるそうです。

この時期は脱衣所、浴室などの温度差が激しくなっているので気を付けたいですね。

ここで、ヒートショック現象について、今一度確認しておきましょう。

~ヒートショックとは~

気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起きることをヒートショックといいます。この血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞などの病気が起こりやすくなってしまうのです。

ヒートショックは、暖房の効いた暖かいリビングから脱衣所に移動し、そして浴槽に入るときに起こります。

↓↓↓

①暖かいリビングでは血圧は安定状態にあります。

脱衣所に移動し衣服を脱ぐと寒いため血圧は急上昇します。

③その後、湯船に入り、急に体が温まると体は一気にリラックスモードに。血圧は下降します。

この血圧の乱高下により、ヒートショックが起きやすくなってしまうのです。

 

~ヒートショックの予防方法~

脱衣所と浴室を温める

湯船を熱くしない

入浴水分補給する

浴槽から急に立ち上がらない

疲れが激しいときの入浴は控える

これらは全て、血圧の急上昇、急下降を防ぐためです。

浴室に暖房設備がないご自宅もあると思いますが、その場合はシャワーによる給湯がおすすめです。

シャワーで給湯することにより、浴室の温度が10℃以上上昇するそうです。

また、入浴というのは疲労回復に効果的ですが、同時につかれるという行為でもあります。

入浴直後の体は疲労状態にありますが、その後しっかり睡眠をとると翌日疲れが取れやすくなります。

つまり、入浴をするにも体力が必要なのです。

そのため、疲れが激しいときの入浴は控えましょう。


冬は体がかたまりやすい時期です。

緊張をとり、体を動かしやすくするためにも当院で定期的なメンテナンスをおすすめいたします。

そしてくれぐれもヒートショックにはお気を付けください。

できることから予防していきましょう。

 

依田美智瑠